中津市・三反美奈さん

九州キリスト教社会福祉事業団
「中津総合ケアセンターいずみの園」 介護福祉士

おばあちゃん子だったから、介護福祉士に

「特別養護老人ホームいずみの園」で介護福祉士として働いています。今年で4年目です。

短大の介護福祉士養成課程に通って、資格を取得しました。

なぜ介護福祉士になりたいと思ったか? わたしはもともとおばあちゃん子だったんですよね。
わたしが小学4年生の時におばあちゃんが脳梗塞で倒れたんです。倒れているおばあちゃんを最初に発見したのがわたしでした。その時は子どもなのでどうしたらいいのか分からなくって、何もできなくって……。とにかく近所中を走りまわって大人に助けを求めて、病院に運ばれて命は助かりました。

その後入院して、病院と施設を行ったり来たりを繰り返していたおばあちゃんに、いつも会いに行ってました。病院や施設でおばあちゃんに何かしてあげたかったんですけど、わたしには何もできなかったんです。

その時におばあちゃんの身の回りのお世話をしてくれていた介護士さんの姿を見て、わたしもいつか介護士になって大好きなおばあちゃんに恩返しをしたいと思いました。

福祉の仕事はほかにもいろいろあります。看護師さんとか理学療法士さん、作業療法士さんとか。うちは母が看護師だったので、小さい時は看護師になりたいと思っていた時期もありましたが、病院や施設でおばあちゃんが介護してもらっているのを見て、介護福祉士になろうと決めました。

介護福祉士は、どの職種よりも患者さんや利用者さんに一番近くで寄り添い、一番近くにいるのにそのひとの全体を見て支援しています。それが凄いなって、わたしもそうなりたいなと思いました。

介護福祉士になるという進路を決めてからは中学・高校・短大と迷うことなく進みました。家族や先生方もわたしには介護福祉士が合ってると言って、応援してくれました。短大での学生生活は勉強が大変でしたが、同じ介護福祉士を目指す仲間たちと和気あいあいと楽しく過ごすことができました。
実習は回数が多く、毎回違う実習先で学びが多くて楽しかったです。実習で行く現場は未知の世界に踏み込んだ感じ。覚えることがたくさんあったりと、何もかも初めてで大変でしたね。でも慣れてくると「短大で学んだことが実際の現場でこうやって生きてるんだ」とか、「あの時に学んだことはこういうことだったんだ」と実感することができました。

ポーチには利用者さんを移乗する際に使うスライディングシートとスライディンググローブ、トランシーバーなどの七つ道具を入れている。

「ありがとう」の力

今の職場に就職を決めたのは、ここに短大の1年生の頃から実習で来てたからです。そのときは特養・デイサービス・グループホームで実習させてもらいました。その時にどんな利用者さんがいて、どんな関わり方をしているかを実際に自分の目で見て、その関わり方が自分に合ってると思ってここで働こうと決めました。

ここに入ってから喀痰吸引(かくたんきゅういん)の資格を取りました。
なかには、痰がつまって息ができなくて苦しんでいるご利用者さんがいます。通常なら看護師さんを呼んで、つまった痰を吸引機で吸ってもらうんですけど、いつもそばに看護師さんがいるわけではないんです。看護師さんにコールして来てもらうまでに時間がかかってしまう場合があります。長い時だと5分以上かかることもあります……。

その間息ができなくて苦しむご利用者さんの姿を見ていられなかった。命を目の前にして、わたしが何とか息ができるように、楽になれるようにしてあげたかった。それで喀痰吸引の研修を受けて資格を取りました。
今では経験を積んでまだ少し怖さもありますが、痰がつまって苦しんでいるご利用者さんがいたらすぐに行って吸引しています。
喀痰吸引ができるようになって、この仕事によりやりがいを感じています。

今まで働いてきて嬉しかったのは、ご利用者さんやご家族から「ありがとう」と言ってもらえることです。その言葉がこれからもがんばろうっていう励みになり、わたしの力になります。

※喀痰吸引……自力で痰を排出することができない利用者・患者の痰を除去して、呼吸をしやすくすること、誤嚥を防ぐこと。

「大丈夫だよ」って

よく介護の仕事は大変な仕事なのに、給料とか待遇が見合っていないとか言われます。わたしはここで初めて働いて、お給料をもらうのもここが初めてです。ほかの仕事の方々がどのくらいお給料をもらっているかを知らないし、わたしは今の待遇で満足しています。

これから介護や福祉の仕事を目指しているひとたちが一歩踏み出すのに迷っていたとしたら、「大丈夫だよ」って言いたいです。

確かにきつかったり、命を扱うのでリスクがあるのも事実です。だからこそ介護にしか体験できない経験があります。介護というやりがいがあって、楽しくできる仕事が好きです。

仕事をするうえで心がけていることは、ご利用者さんに安心感をもってもらえるようにすることです。ご利用者さんに接するときは必ずやさしく声掛けをするようにしています。

これからの目標は、ケアマネジャーの資格に挑戦したいです。

大分んこと、知っちょん?
〜教えて! 大分の好きな◯◯〜

コトリカフェ


休日は家にいることは少なくてお出かけしてることが多いです。友達とカフェ巡りをするのが楽しいです。
わたしが好きなカフェは別府市の「コトリカフェ」です。お店の感じも好きですし「ダッチベイベー」が美味しいです。

▼別府市光町
コトリカフェ

text & photo by Kosei Nomura