由布市・首藤将希さん

庄内厚生館 「デイサービスセンター長宝」 介護職員

介護をしようと思ったきっかけ

就職する前は、就労支援か介護施設の2つで悩んでました。

介護施設を知るきっかけは、さかのぼるのですが自分が通う幼稚園の隣が介護施設だったので、デイサービスがあることを子どもながらに知りました。

そこは、高齢者とふれあう場所だということもわかりました。
ただ、当時はまだ介護職に就きたいとは思ってなかったですね。

兄が障がいのある方のための就労支援で働いており、高校生の時には自分もそっちの方がいいのかなと思ったこともあります。ただ、自分はのんびりした性格なので、高齢者の方特有のゆっくりとした口調や穏やかな雰囲気が好きでリラックスして話せるんですよね。
自分の性格的にも高齢者介護の方が合ってるのではないかと思い、介護をすることにしました。

なので、大学は福祉科のあるところを選びました。

学生時代の思い出

周りから変わってると言われてましたね。自分では何でか分からないんですけどね……。

小中一貫の学校で、小4から野球を始めました。
中学時代は、いろいろなことに挑戦しましたね。野球部のキャプテンや、文化祭の合唱指揮者、応援団長など。

人前に出るのは苦手だったのですが、周りに推されてやってみました。
やってみると大変だったけど、楽しかったです。

学生時代の中でも高校が一番楽しかったですね。野球もレギュラーになれたし、楽しい時期でした。勉強以外でも友人と過ごす時間がたくさんあって、充実してました。

大学では学業やバイト、部活動が忙しく自分の時間も作れていなかったのでいい思い出はあまりないですね……。福祉科を選択していたのですが実習にも参加したことがなかったので、実際の介護の現場は一体どうゆうところなんだろう? と不安の方が強かった。

ただ、介護の仕事をしたいという思いは消えなかったので、就職試験の面接の時には気持ちをしっかり伝えました。
採用連絡があった時は、ほっとしたし希望通りの職に就けたので嬉しかったです。

いまも野球を続け、法人の野球部に入っています。もし法人の野球部に入ってなくても別のチームに入ってたかな。たまたま職場に野球部があったので入った、という感じです。法人の野球部って珍しいですか? そうなんですか。
試合がある時は、福祉系だけでなく企業の方とも対戦するので、大学時代の友人に会ったりもしますよ。いろんな人と関われるので面白いです。

介護職として感じたこと、利用者様、地域の方との関わり方

介護って聞くと、汚い、キツイなどのイメージがあると思います。自分も現場で働く前はそう思ってました。でも、働き始めたらそのイメージは違くて、むしろ楽しいと感じることの方が多かったです。

介護は生活支援が中心と思われがちですが、レクリエーションや行事もあるので、どうやったら利用者様を楽しませることができるかを考えますね。
気持ちを理解して接することを心がけてます。
もちろん、支援していくなかで難しいこともありますが、一人ひとり性格が違うのは当然なので、平等に接するように意識しています。

自分の性格上、あまり怒ったりすることもなく物事をプラスに考えようと思うことが多いですね。

現在、市の委託業務で地域に出向いて「介護予防教室」を月2回行ってます。今年度は新型コロナウイルス感染拡大のため中止になってしまいましたが……。
介護予防教室とは、地域の方と一緒に体力測定や体操、レクリエーションをすることです。

「介護予防教室」を始める前は自分自身、地域とのつながりがあまりなかったので地域の方の顔と名前を覚えるのに精一杯でした。自分もですが、地域の方々が楽しく参加できてるのか不安もありました。取り組んでいくうちにだんだんと緊張も解け、名前や顔を覚えていただけて嬉しかったですね。

いまでは散歩途中の方に話しかけられ、徐々に地域にとけこめていると感じています。この取り組みに携われてよかったと思います。
普段、デイサービスで行ってる体操やレクリエーションも活かせました。

以前なら人前に出ることも苦手だったのですが、学生時代にいろいろ挑戦してきたことが生かされてるのかもしれません。

もうすぐ法人内で異動があるのですが、高齢者と関わることが好きなので、できればまだデイサービスで働きたいなと思います。

大分のこと、知っちょん?
〜教えて! 大分の好きな◯◯〜

温泉


特別に好きなところはないのですが、よく行くところは温泉ですね。
「温泉県おおいた」とも言われてます。友人と週1回は行きます。
「クアパーク長湯」はおすすめですね。入浴、歩行浴もできリフレッシュでき最高です。空気もおいしいのでぜひ行かれてみてはどうでしょうか。
ちなみに「デイサービスセンター長宝」も温泉です。利用者様も入浴を楽しみにされてます。

▼竹田市直入町
クアパーク長湯

text & photo by Aya Kinoshita